プロレス好きの伸太郎のブログにようこそ

このブログは、栃木県上三川にあるウスイ産業のブログです。当社は総合産業廃棄物処理業・解体業・土木工事業・チャリティー活動している会社で、プロレスリングZERO1・新日本プロレスを後援しています。いじめ撲滅キャンペーン支援実施中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

己の命は己で守れよ! 息子達! 聖路加病院

概要[編集]

東京・築地にある大規模総合病院であり、東京都心部では最もよく知られる病院のひとつである。入院診療では現在、病床の半数が差額ベッドであり、将来的には全室が差額ベッドになる予定である。人間ドックの開設などにより予防医療の重要性を啓蒙するほか、「成人病」の呼称を「生活習慣病」に改めるよう提言するなど、医療行政にも積極的に関与している[要出典]。

1902年に設立された財団法人の初代理事長は実業家・渋沢栄一が務めていたほか、戦前の旧病棟の建設にあたっては多額の資金を下賜されるなど、皇室との関係もあった。名誉院長病院にはメディア出演や本の出版などで知られる日野原重明が就任しているほか、「医療社会事業科」が設置されて医療ソーシャルワーカーが常駐している[1]。関連組織として、財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所を併設している。

いわゆる「病院ランキング」などでは、しばしば上位に評価されるほか[2][3][4]、研修医の初期臨床研修施設としても知られ、虎の門病院など並んで日本で最も医学生の人気の高い研修先のひとつとなっている[5]。

2012年7月23日、国際的な医療施設認証機関であるJCI(Joint Commission International)の認証を取得した。認証された施設は聖路加国際病院、聖路加国際病院附属クリニック予防医療センター、聖路加産科クリニック、聖路加訪問看護ステーションの4つの事業体であり、複合医療施設の同時認証は国内初、病院としての認証取得は亀田総合病院、NTT東日本関東病院に続いて[要出典][6]国内3番目となった。[7]。

施設[編集]

新病院棟[編集]





1992年竣工の新病院棟
この区域は「第2街区」と呼ばれ、公道を挟んで建つ「第3街区」聖路加タワーとは、地上2階レベルで屋根付きの連絡橋によって結ばれている。新病院は1992年の竣工で、アメリカ合衆国のユタ州ソルトレイクシティにあるセントマークス病院(1973年)をモデルに[8]日建設計によって設計された。病室は患者のプライバシーへの配慮と感染防御の観点から、小児病棟、緩和ケア病棟、三つの集中治療室を除いた500床の病床のすべてが個室となっている。

新病院に移転すると共に、薬品・物品の搬送は、それまでの看護士・薬剤師に代わって、専門の係員によって行われることになった(SPDシステム)。電子カルテの導入も積極的に行われ、2003年導入の第三次システムではほぼペーパーレス化が実現された。

また、新病院は大規模災害など大量の被災者発生の際には、機能を臨時拡張して医療処置を遂行できるよう設計されている。具体的には、施設内のあらゆる壁面に酸素供給口が設けられており、チャペル(礼拝堂)・ロビー・ホール・廊下などでの救急救命医療処置が可能になっているが、これは当時の常務理事である日野原重明が、スウェーデンの病院に同様の設計があることから提言して実現したものである[9]日野原がこの設計を取り入れたのは、東京大空襲の経験による[10]。建設当時は無駄との批判もあったこの機能は、新病院完成から3年後の1995年に発生した地下鉄サリン事件の被害者診療時に活用されることになった。

新病院では、テレビ局などのドキュメンタリー取材の受け入れも多いが[11][12]、病院の施設がテレビドラマや映画の撮影などのロケに提供されることはない。

聖路加タワー[編集]





聖路加タワー(隅田川方向より)
このツインタワー部分は「第3街区」と呼ばれ、病院の敷地を構成する3街区のうちの最も隅田川寄りの街区に建設された超高層ビルディング形態の棟。47階建てと38階建ての高低差がある特徴的なデザインのツインタワー構造で東京湾岸のスカイラインを造形する代表的な建築物として知られている。

47階建ての棟の3・4階には予防医療センター(人間ドック)があり、その上部はオフィスフロアとして賃貸されている。かつて、大手広告代理店電通の大半の部署が汐留に新本社ビルを完成させる前にこの部分に入居していた。最上部には展望レストラン「Luke」(聖ルカの意)があり、また、日本テレビとフジテレビの定点観測カメラが東京湾岸の状況を中継するために設置されている。また、フジテレビと日本テレビのFPU基地が設置されている。

38階建ての棟は、下から約4分の3は医療介護付き居住施設の「聖路加レジデンス」で、約4分の1の最上部には東京新阪急ホテル築地が入居している。

旧病院棟の保存部分を含む区域[編集]





1933年竣工の旧病院棟の保存部分
この区域は、「第1街区」と呼ばれる。保存部分はアントニン・レーモンド、ヤン・ヨセフ・スワガー、ベドジフ・フォイエルシュタインの3名のチェコ人建築家によって設計が進められたネオ・ゴシック様式の建物で、途中で設計者がJ.V.W.バーガミニーに変更されている。 創立者トイスラーの出身地であるボストンのマサチューセッツ総合病院をイメージしてデザインされた。

礼拝堂のステンドグラスは、予算の関係から複雑な聖人画などは作れなかった。逆に抽象的な図像でキリスト教の殉教の歴史を象徴する画が配されている。漁船や魚の図像は築地市場のある土地を反映したものだが、それは同時に魚がローマのキリスト教弾圧の時代にキリスト教徒同士の合い言葉であり、漁船が聖ペトロ(人をすなどる漁師)を表している。

礼拝堂の前には床のタイルにハエやネズミなど、伝染病を媒介する動物、及びアラジンの魔法のランプ(迷信を象徴するもの)がレリーフとして彫られており、これらを足で踏みつける事が出来るようになっている[13]。

新館に移転後はオルガンなどが設置され、現在は聖公会による礼拝や聖書朗読会、オルガンコンサートなどが行われている。また、日に3度(8:30・12・18時)鐘楼から賛美歌が流れ明石町一帯で聴く事が出来る。

かつて病棟があったときには、各階病棟から礼拝堂(旧館チャペル)に出ることができた。旧館には現在、入院病棟は無い。

現状[編集]

現在は中央部分(外部はエントランス部分から十字架が立つ尖塔にかけて、内部は礼拝堂・ロビー・事務室・トイスラークリニック・国際外来・その他)が保存されている。十字架の尖塔と礼拝堂の保存部分を中央にして左右に保存部分とデザインを整合させて設計されたウイング状の棟があるがこの部分は新築である。左側のウイングの大部分は聖路加看護大学の施設となっており、右側のウイングには「小児総合医療センター」などの施設がある。かつては右側ウイング内に「予防医療センター(人間ドック)」があったが現在は超高層ビル棟(聖路加タワー)の3・4階に移転している。

解体計画[編集]

中央区明石町の3街区にわたる病院敷地全体の再開発事業(聖ルカ・ライフサイエンスセンター構想)の開始にあたり、当初計画では旧病院棟の全体が取り壊される予定であった。しかし、日本建築学会がアントニン・レーモンドの設計による礼拝堂(旧館チャペル)の文化的重要性を理由に保存の要請をした結果、設計変更が行われて旧病院棟のチャペルを含む中央部分は内外観ともにレーモンドの設計による姿が忠実に保存修復されて全体の象徴になっている。なお、チャペル及び付属する旧病棟は、居留地時代の名残を残す明石町のシンボルとして、東京都選定歴史的建造物の選定を受けている。

病院の名称[編集]

病院名は、使徒パウロの協力者の一人であり、新約聖書の福音書の一つである『ルカによる福音書』の著者とされる聖人ルカの漢字表記に由来する。聖ルカは、『コロサイ人への手紙』で「親愛なる医者のルカ」(4章14節)と呼ばれていることから、キリスト教圏ではしばしば病院の名前に使われる[14]。

聖路加国際病院の名称における「聖路加」の正式な読みは「せいるか」である[15] 一方、「せいろか」の読みも定着しており、職員も以前はそのように発音していることがあったが、近年では積極的に正式名を用いており、テレビ報道でも正式名称で紹介されることが多くなっている。同様に、関連施設である聖路加看護大学[16]、聖路加ガーデンや聖路加レジデンス等も同様に「せいるか」の発音が正式である[17]。

歴史[編集]
1874年: 東京・築地の外国人居留地に、イギリス国教会長老派の宣教医師ヘンリー・フォールズが病院「健康社」を設立[18]
後に[いつ?]「築地病院」と改称し[19]、築地近辺で転々と場所を移動した。フォールズはこの地で指紋捜査法を発見した
1902年: フォールズが帰国した後荒廃していた築地病院の建物を、聖公会の宣教医師ルドルフ・トイスラーが買い取り、聖路加病院とする[20]
1923年: 関東大震災で病院が倒壊、入院患者80名を青山学院の寄宿舎に移送、後に仮設病院を建設して診療を継続した[18]。新病院が完成後は、仮設病院は管理棟や看護専門学校(後の聖路加看護大学)として使用された
1933年: 皇室・米国聖公会・米赤十字などの寄付により病院が再建され、聖路加国際病院及び聖路加国際医道院(St. Luke's International Medical Center)とする[18]。
1943年: 戦時体制下で大東亜中央病院と改称する[18]
1945年: 聖路加国際病院があることにより築地・明石町一帯はアメリカ軍機による東京大空襲による爆撃を免れ、(一説にはアメリカ軍が病院屋上より爆撃地点を確認したとの説がある。モー・バーグ参照)、日本の敗戦後には、日本を占領下においた連合国軍を構成する一員となったアメリカ軍に接収され、1955年まで米軍極東中央病院として使用されたた[18]
1955年「本院」がアメリカ軍から返還され、現在の国立がんセンター中央病院がある場所に「聖路加築地分院」を開設して診療していた病院は現在地に戻った[18]。廃止された「分院」の方は、その敷地と施設において国立がんセンターが発足[要出典]して、その目的で使用されるようになり今日に至っている
1963年: 付属の看護専門学校を改組し4年制の聖路加看護大学とする[18]
1992年: 震災後の仮設病院跡地に新病院が完成[18]
1995年: 地下鉄サリン事件が発生。最寄り駅である築地駅で最も多くの被害者が出たが、当時の院長日野原重明の積極的な指示により、本件で最大の被害者受け入れ先となった[18]

聖路加国際病院理は、1933年にルドルフ. B. トイスラーが語った、「キリスト教の愛の心が 人の悩みを救うために働けば 苦しみは消えて その人は生まれ変わったようになる この偉大な愛の力を だれもがすぐわかるように 計画されてできた生きた有機体が この病院である」の言をその理念としている。

診療科[編集]

一般内科
呼吸器内科
腎臓内科
血液内科
代謝・内分泌内科
神経内科
心療内科
アレルギー・膠原病科(成人、小児)
感染症科
ハートセンター 循環器内科
心臓血管外科

消化器センター 消化器・一般外科
消化器内科
予防医療センター内視鏡科

小児総合医療センター 小児科
小児外科
Well baby Clinic(乳幼児健診)

胸部外科
整形外科
形成外科
ブレストセンター 乳腺外科
乳腺腫瘍内科
放射線腫瘍科

女性総合診療部 一般婦人科
女性外科
周産期科(旧・産婦人科)

生殖医療センター
皮膚科
泌尿器科
形成外科・美容外科
眼科
脳神経外科
歯科口腔外科
耳鼻咽喉科
精神科
救命救急センター
国際外来
放射線科
緩和ケア科
病理診断科
放射線腫瘍科
麻酔科
人間ドック科
遺伝診療部
臨床検査科
健診内科
腎センター
リハビリテーション科
訪問看護科

180px-StLukeTokyo2.jpg

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

名前    臼井伸太郎      生年月日 1974年5月31生  身長 174cm   体重72kg   職業 産業廃棄物処理業

Author:名前 臼井伸太郎 生年月日 1974年5月31生 身長 174cm 体重72kg 職業 産業廃棄物処理業
プロレス好きの伸太郎のブログへようこそ


人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言


FC2カウンター


2000アクセス記念時計


最新コメント


カテゴリ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-


最新記事


HD動画対応!Youtubeダウンローダー



リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード




FC2Ad


●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。